乾燥シーズンは気をつける

私自身、ほっぺたの毛穴の開きが年齢と伴にひどさを増してきました。まっすぐ自分の顔を見た際に、穴がぽつぽつと目立ってしまうようになったのです。この毛穴をなんとかしたい、出来るだけ小さくなってほしいと思い、毎日のスキンケア洗顔を行っています。

洗顔の後は冷たい収斂化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も異なります)を使って、パッティングをしていますが、少し引き締まっているように思います。

毎日しっかり洗っているのに頭皮が痒い、フケが気になってしまうという方は敏感肌かも知れません。そんな場合は手持ちのシャンプーの使用を止めることをお勧めします。

敏感肌の人でも安全に使用できるシャンプーは添加物の入っていない石鹸です。余分な成分を含有していないので、肌にも髪にも優しく、刺激が少ないのです。

肌が荒れて乾燥しているために体を起こしています。

肌を守ってくれるクリームをたくさん愛用すると良いでしょう。

とにかく、乾いた肌を放置するのは辞めたほうがいいです。出来るだけ清潔にするためには、顔を洗う必要がありますが、洗顔を必要以上にすると、かえって肌を傷つけてしまいます。そう考えても、朝は洗顔を行わないか、ほんの少しおこなうようにするのが良いです。ニキビ予防を行ったり、できたニキビをなるべく早く改善するには、正しい食生活を食べていくことが大事です。野菜を多く摂るように心がけることは極めて重要なことだと思います。ミネラルやビタミンが野菜にはたっぷり含まれていますから、それらをしっかり意識して摂取していくのが一番良いのです。肌を手入れするとき、乾燥シーズンは気をつけなければいけません。

特に影響が出やすいのは目の周囲で、皮脂の分泌量が少ないため乾燥の影響を直接うけてシミやシワが出やすいですし、アレルギーやアトピー体質の人だと赤く腫れて、しつこい痒みに悩まされることもあるようです。きちんと手入れしているつもりでも、まだケアが足りないと考えたほうが良いでしょう。

目のまわりのお手入れには、オイルで脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)を補うようにすると、水と脂の相乗効果で潤いを維持できます。精製された天然オイル(アレルギーが出にくい)を使ったり、伸びが良いものなど、肌と相性の良いものを使用するようにして下さい。

顔を洗う際、ゴシゴシ洗うと乾燥した肌にはすぐに傷がついてしますので、優しく洗うようにして下さい。さらに、化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も異なります)は手にたんまりと取り、手の温度でちょっと温めるようにしてから肌につけるようにしましょう。体温に温度が近いと浸透力がより高まり、より化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も異なります)が肌に取り込まれやすくなります。

美肌のためにバランスのよいご飯はかならず必要です。青汁は他のものより体内に必要な栄養成分を取り込むことができるためお肌への効果も期待できます。食生活の改善を考えると伴に適度に、体を動かし代謝を上げるために入浴やスキンケアは肌にあったものを使用するなど美はまさに一日にしてならずと言えるのであると感じられます。しごとと生活に精一杯のアラサーです。

毎日クタクタになってそれでもしごとをしていますが、ある日、鏡に映った自分の姿を見てびっくりしてしまいました。鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を突きつけられた気がしました。

この時のことをきっかけとして、私は決心しました。どれ程疲れ切って家に帰ってきたとしてもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌のためにできることをして、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。

年々、年齢を重ねるにつれて肌のたるみを感じてくるようになるものです。そのように思ったら、お肌のお手入れで保湿をしっかりして、クリームなどでセルフマッサージ(筋肉のコリがほぐれたり、ぐっすり眠れたりしますね)をして、少しで持たるみがなくなるようにがんばりましょう。

それだけで、全く違うので、ちょっと面倒くさくてもやってみることを声を大にして御勧めします。荒れやすい肌の場合は、荒れやすい肌だと一括りにする事には無理がありますが、お肌に抵抗が掛からず、更にあなたの肌に合った化粧品で、ちゃんとスキンケアを続ける事が大切です。時節の移り変わりや年の重ね具合によって、肌の状態に違いが表れるのも、敏感な肌の問題なところです。つける時のお肌の調子に合わせて、しっかりとお手入れをするようにしましょう。
グラステムセル01